福岡内で1泊2日のプチ温泉旅行!電車を乗り継いで、老舗「清乃屋」へ宿泊してきた!

九州

福岡市内から筑後川方面へ一泊二日で温泉旅行に行ってきました!

宿泊費含めて28,000円ほど
久留米→筑後吉井方面は電車本数が1時間に1本ペースでとても少ないため、事前に時刻表を確認しておくとスムーズに旅ができると思います!

また、筑後吉井や筑後大石駅では現金払いしかできないので博多から乗るときは事前に切符を買うことをおすすめします!(筑後吉井駅で駅員さんに乗車証明書もらって現金払い、次の日二日市駅でICカードの乗車取り消しとか色々大変だったw)

9:24 博多駅→10:13 久留米(JR快速) 760円

まずは博多駅から快速電車に乗り、鳥栖駅乗り換えで久留米を目指します!乗車時間は1時間ほどで、土曜日でも空いていて座れました

鳥栖で降り、同じホームで久留米行きの電車に乗り換えます
鳥栖→久留米間は2駅でしたが電車の本数が少ないからか、混んでいて座れなかったです

10:15 久留米→10:53 筑後吉井(JR) 570円

続いて久留米から筑後吉井を目指します
8駅しかないけど38分もかかる、、、なんでかなと思っていたら途中駅で5分ほど停車があったりします

ただ(時間的に?)乗客が少なかったので、のんびり景色をを眺めていたのであっという間でした

というわけで筑後吉井駅に到着!宿泊先の旅館は後2駅先なのですが、せっかくなのでうきは観光をします

カワセミデニッシュ、ぱんのもっか、和菓子屋さん、カフェうえむらなどに行きました!
天気も良く昔ながらの町並みをお散歩できて大満足でした

カワセミデニッシュ、カフェうえむらについては別記事にまとめたので気になる方はご覧ください

13:54 筑後吉井→14:01 筑後大石(JR) 230円

うきは観光を楽しみ、再びJRに乗って旅館最寄り駅に到着です!駅までは車で迎えに来ていただきました(事前予約済)

今回宿泊したのは老舗の「清乃屋」

チェックイン(15時)まで時間があるのでラウンジでのんびり過ごします

目の前が筑後川でいい景色です

15:00 いざ宿泊部屋へ

宿泊したお部屋はこんな感じ!一言で言うと最高でした

入り口には無料のマッサージチェア!ふかふかのベッド!
レバーを引っ張るとリクライニングするソファ!Nespressoのコーヒーマシーン!

至れり尽くせりだ、、、そして大本命は客室風呂!存在感がすごい笑
川が近く、虫が多いので二重窓は超ありがたい。これは大当たりの旅館を引き当ててしまいました

18:00 夜ご飯

夕食会場へ行き、夜ご飯をいただきました!品数が多くお腹いっぱいです

20:30 展望風呂へ!

夜ご飯ではち切れそうなお腹がマシになってきたところで、事前に予約していた展望風呂へ行きます(宿泊とは別料金1300円くらい)

こんな感じで屋上に露天風呂が!
一緒に行った友人と「夜ご飯を後ろにして、夕日を見ながら入浴できる時間に予約するのもありだったね〜」とか話しながらお風呂に入りました笑

熱めのお湯と外気がちょうどよかったです

2日目

起床してすぐに大浴場に行き、朝食をいただきました
朝ごはんはthe・和食って感じで美味しかったです

チェックアウトまで時間があるので旅館周辺を散歩します

周辺にお店とかはないけど川見てるだけで癒やされた

チェックアウトし、ラウンジで待機してから1日目同様駅まで送っていただきました

10:58 筑後大石→11:45 久留米(JR) 760円

2日目はまっすぐ帰宅するので一気に久留米まで行きます!

電車は1時間に1本しかなく、2車両しかありません。観光客というより地元の方が利用されている感じでした

座れなかったので立っていましたが、結構揺れて足はしんどかったですw
でもそんなこと忘れてしまうくらい景色はとってもよかった

11:48 久留米→12:13 二日市(JR) 480円

天神に用事があるので二日市で乗り換えようということになり、二日市を目指します
こちらも25分ほど座れず、、、筑後大石→久留米間の足の疲れがピークにw

12:20 西鉄二日市→12:37 西鉄福岡(西鉄大牟田線) 370円

二日市→天神間は流石に座れました、いやあ〜正直しんどくて帰りは高速バス乗ればよかった笑

もし同じような計画をされている方且つ時間にゆとりがある計画を練っている方がいらっしゃれば、筆者は高速バスを強くおすすめします笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました